視覚的創造支援ツールに対する確率的手法適用に関する分析 Analysis of Stochastic Method Application for Visual Idea Generation Support Tool

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

確率的デザイン手法とは乱数を積極的に用いる表現手法である。筆者らは最近約10 年にわたりこの手法を用いて,視覚的なデザインツールの開発に関わってきた。そこでは,このツールは,インタラクティブなツールとして教育や視覚表現に関する新たな道具としての可能性を示してきた。本論文では,このツールがそのユーザに表現の自由課題を行うにあたって,新しいアイデアを生み出すために有効に作用していることを示すとともに,本ツールが開発されてから明らかになったデザイン学やその近接分野における学術的な報告をもとに,乱数を創造性支援の目的で利用するためには,乱数の振る舞いに関する分節化や,乱数の適用時の粒度の制御,ならびにユーザとの対話の円滑性などを重要な因子がツールの設計に重要である事を指摘する。

Stochastic design method is a method helps to make expressions, using random number generator. The authors have been developing a visual design support tool based on the stochastic method about for 10 years. During the period, the tool is used for education and visual creation as a useful interactive drawing tool. In this paper, it is reported that this tool is also effective on visual idea generation, support. The segmentation of randomness, granularity of random number application, and tight interaction with user, are introduced as the important factors for creation, based on the result of academic research in design science and related academic fields.

収録刊行物

  • デザイン学研究

    デザイン学研究 58(6), 61-68, 2012-03-31

    Japanese Society for the Science of Design

参考文献:  20件中 1-20件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030136820
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00150292
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09108173
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ