古建築の動物文様とデザイン要素としての対数螺旋 Animal Design Patterns Carved in Ancient Wooden Buildings and Logarithmic Spirals as Effective Design Element

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

写真から喚起される時間印象が,境界拡張の生起に及ぼす影響を検討した。実験1では,写真から喚起される時間印象を調査するために,30枚の写真について 20個の形容語による評定が行われた。この結果,無時間・持続・変化の3種類の時間印象が写真によって喚起されることが示唆された。実験2では,実験1の結果に基づいて統制された刺激を 15枚用いて,3つの時間印象を喚起させる写真における境界拡張の程度を評定課題により測定した。その結果,時間印象が境界拡張関連することが示され,無時間の時間印象を喚起させる写真では,持続・変化の時間印象を喚起させる写真よりも境界拡張の程度が少ないという関係性が示唆された。これは,時間的な拡がりの豊富さと大きな空間的拡がりが相関すると解釈された。これらの結果から,写真の喚起する空間的拡がりと時間的拡がりの関係性の一端が実験的に明らかにされた。

The author attempts to deconstruct animal patterns in ancient Japanese wooden buildings into the various logarithmic spirals that constituted the patterns so as to analyze the composition of these patterns with CAD. To date, no such analysis has been performed on Japanese ancient buildings. This study indicates the definite possibility to reproduce the outlines of various design patterns by using the composition of the logarithmic spirals. <br>In Japanese traditional architectural design the logarithmic spirals expressed the intention of creators by deconstructing and reconstructing the beauty of these natural patterns. Due to the logarithmic spiral's antipodal characteristics, both straight lines and curved lines were used. It is confirmed that the logarithmic spirals can create the various basic patterns by repeating similar figures and thereby, evoke the viewers' consciousness.

収録刊行物

  • デザイン学研究

    デザイン学研究 58(6), 101-106, 2012-03-31

    Japanese Society for the Science of Design

参考文献:  27件中 1-27件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030136968
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00150292
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09108173
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ