タイ : 中進国化したコメ輸出大国の苦悩 The dilemma of Thailand as a middle income, rice-exporting country

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

2007年末から2008年初頭にかけてコメの国際価格が急騰し始めたとき,多くのコメ輸出国は輸出を制限する措置をとり,それがさらなる価格高騰を招いたとされる。これらの輸出国は,国際価格が国内価格に反映し国内のコメ供給が不安定化することを恐れたのであった。ところが最大のコメ輸出国タイは,まったく輸出制限を行わなかった。本稿はこのようなタイ政府がとった対応の理由を検討した。直接の要因として指摘できるのは,(1)タイの輸出余力が十分に大きく,国内向けのコメ不足が懸念される事態にはならなかったこと,(2)国内の消費者が価格上昇でもパニックにならなかったことである。こうした要因は,経済成長によって消費者がある程度豊かになったこと,および生産者向けの価格支持政策が,稲作農家の経営様式を変え,生産を刺激したことの帰結である。価格支持政策には膨大な財政支出が必要であるが,政府の補助金によりコメの価格が左右されるようになると,農民は自らの政治的影響力を自覚するようになったから,政府は農業への補助金政策をやめるわけにはいかない。現在のタイは,中進国としての経済,政治構造を抱えた中で,グローバルなコメ市場での競争にさらされている。

収録刊行物

  • 開発学研究

    開発学研究 22(3), 17-23, 2012-03-31

    日本国際地域開発学会

参考文献:  7件中 1-7件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030137852
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10358482
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09189432
  • NDL 記事登録ID
    023608126
  • NDL 請求記号
    Z18-3132
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  IR 
ページトップへ