上面増厚床版における劣化要因の検証と耐久性向上対策の検討 The Inspection of the Deterioration Factor and Examination of Durable Improvement Measures in the Upper Thickness Increasing Method for Slab Deck Reinforcement

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

NEXCO各社では,RC床版の劣化対策として上面増厚工法による床版補強を多数実施しているが,上面増厚床版の中には補強後数年で増厚層のはく離などに伴う舗装変状が発生する事象があり,その要因の特定と対策が求められていた。本稿は上面増厚床版に発生する変状について,実態調査と要素試験および輪荷重走行試験による劣化要因の推定を行い,その改善対策について輪荷重走行試験により検討した内容について報告するものである。検討の結果,変状は既設床版の劣化程度に影響を受けること,また発生位置は増厚層の施工目地部に多いことが判明した。その対策として,弱点となる施工目地部において十分な付着性能を確保する対策を行うことと,既設床版の劣化程度を適切に考慮した上で上面増厚を行うことが重要であることが判明した。

In NEXCO, upper thickness increasing method has been commonly adapted for slab deck reinforcement, it is, however, reported that pavement deterioration arisen from de-bonding of the interface between actually RC slab and reinforced concrete cast by this method within several years after the cast, it is, therefore, required to know the causes and its de-bond provisions. The study presents the specific causes obtained by investigation and small specimen tests, and the provision effects followed by the wheel running fatigue test. As the results, pavement deteriorations are strongly affected by the deterioration level of the actual slabs, the de-bonding commonly occurred at the interface between actual slabs and newly cast concrete. It is concluded that adequate provision is required to keep superior bonding strength, and then RC slab reinforcement have to be executed with consideration of deterioration level of the RC slab, are important.

収録刊行物

  • コンクリート工学 = Concrete journal

    コンクリート工学 = Concrete journal 50(3), 245-253, 2012-03-01

    公益社団法人 日本コンクリート工学会

参考文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030145260
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00094169
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    03871061
  • NDL 記事登録ID
    023566550
  • NDL 請求記号
    Z16-89
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ