コンクリート構造物の地震リスク曲線とNEL/PML評価 : 基本理論と応用事例の紹介 Seismic Risk Curve and NEL/PML Estimation of Concrete Structures : Basic Theory and Case Studies

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

地震リスク解析は地震被災度を定量的に評価するもので,防災計画の重要な指標になるとともに,LCC(生涯レンジの価格評価),NEL(損失の期待値),PML(予想最大損失),BCP(事業継続計画)に対して直接的なコア技術となる。本論は,その根幹を成す地震リスク評価における地震イベントリスク曲線およびその積分表示である地震リスク曲線について整理/論評するものある。本文ではまず,両者の基本的な定式化と図化法について述べ,次にコンクリート構造物を対象としたこれらの各種の応用事例,今後の展望について報告するものである。

Seismic risk analysis, enables quantitative evaluation of earthquake damage levels, is an indispensable technique for estimating life cycle cost(LCC) and probable maximum loss(PML) which are important indices for disaster prevention planning and business continuity program(BCP). This paper focused on seismic event risk curve and its integral representation ‘seismic risk curve’. Firstly, numerical and graphical definition of the seismic event risk curve and the seismic risk curve are presented. Secondly, several examples of the seismic event risk curves and the seismic risk curves applied to reinforced concrete structures are demonstrated as well as the future prospects.

収録刊行物

  • コンクリート工学 = Concrete journal

    コンクリート工学 = Concrete journal 50(3), 261-268, 2012-03-01

    公益社団法人 日本コンクリート工学会

参考文献:  25件中 1-25件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030145274
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00094169
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    03871061
  • NDL 記事登録ID
    023566597
  • NDL 請求記号
    Z16-89
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ