高流動高じん性モルタルを用いた上面増厚工法の開発 Development of Retrofit of RC Slab with High Fluidity and High Toughness Mortar

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

上面増厚工法の増厚材に高流動高じん性モルタルを用いた新しい上面増厚工法(タフスラブ・ラピッド工法)を開発した。本工法は,従来工法である鋼繊維補強コンクリートの課題であった機械設備のコンパクト化,充てん性および一体性の確保,薄層施工,鋼繊維による防水層への影響を解決した。本稿では,新しく開発した増厚材の性質およびその増厚材を用いて実施した施工性能確認試験とその結果について述べる。

A new retrofit of RC slab with high fluidity and high toughness mortar has been developed in order to relieve the problems in conventional methods of heavy equipments, low compactability and bond effects, difficulty of thin-layer construction and damages on waterproofing membrane due to steel fiber. Characteristics of the materials developed for the above mentioned retrofit is presented in this paper, and the results of the mock-up tests are also reviewed.

収録刊行物

  • コンクリート工学 = Concrete journal

    コンクリート工学 = Concrete journal 50(4), 338-344, 2012-04-01

    公益社団法人 日本コンクリート工学会

参考文献:  13件中 1-13件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030145383
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00094169
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    03871061
  • NDL 記事登録ID
    023638368
  • NDL 請求記号
    Z16-89
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ