粉末加圧成形試料を用いたシリカフュームの蛍光X線分析方法に関する研究 Study on X-Ray Fluorescence Analysis of Silica Fume using Sample by Pressing Forming

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

シリカフュームの化学分析に,蛍光X線分析を導入すれば,分析の迅速化が期待できる。セメントの蛍光X線分析方法に採用されているガラスビードを,シリカフュームの蛍光X線分析に適用した場合,分析結果に揮発成分の影響が含まれる可能性が指摘されている。本研究は,シリカフュームの化学分析への蛍光X線分析方法の導入に向けて,最も重要な課題の一つである試料調製方法に関する基礎データを得ることを目的として,粉末加圧成形に着目し,実験的検討を行った。その結果,適切な試料調製条件で作製した粉末加圧成形試料を分析用試料として用いることで,ガラスビード試料において問題となる揮発成分の影響を受けることなく,シリカフュームの化学分析に蛍光X線分析を適用できることを確認した。

Rapid chemical analysis of silica fume is expected by introducing the X-ray fluorescence analysis. When the glass beads used in the X-ray fluorescence method of cement are applied to X-ray fluorescence analysis of silica fume, it is pointed out that the effect of volatile components could be included in test results. In this study, X-ray fluorescence analysis of silica fume using pressing forming sample was studied experimentally in order to obtain some basic data about the sample preparation method, which is one of the most important problems, toward the introduction of X-ray fluorescence analysis method to chemical analysis of silica fume. As a result, X-ray fluorescence analysis of silica fume was found to be applicable to chemical analysis by using samples prepared by pressure forming under the suitable sample preparation conditions, without influences of volatile components which are problems in the glass beads sample.

収録刊行物

  • コンクリート工学 = Concrete journal

    コンクリート工学 = Concrete journal 50(4), 345-351, 2012-04-01

    Japan Concrete Institute

参考文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030145397
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00094169
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    03871061
  • NDL 記事登録ID
    023638386
  • NDL 請求記号
    Z16-89
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ