増粘剤系中流動コンクリートによるトンネル覆工の施工 : 南九州西回り自動車道 津奈木トンネル(仮称) Construction of Tunnel Lining using Middle Fluidity Concrete with Viscosity Agent : MINAMI-KYUSHU EXPRESSWAY TUNAGI Tunnel

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

トンネル覆工では,品質向上の観点から補助的な振動締固めにより充てんが可能なレベルまで流動性を高めた中流動コンクリートを適用する事例が増加している。本工事では,増粘型高性能AE減水剤を用いることで,従来の覆工コンクリートと同等のセメント量で充てん性を高めた増粘剤系中流動コンクリートをトンネル全線に初適用した。本稿では,増粘剤系中流動コンクリートの製造・施工管理方法およびトンネル覆工の仕上りに関する検証結果等を報告する。

収録刊行物

  • コンクリート工学 = Concrete journal

    コンクリート工学 = Concrete journal 50(4), 366-371, 2012-04-01

    Japan Concrete Institute

参考文献:  6件中 1-6件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030145412
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00094169
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    03871061
  • NDL 記事登録ID
    023639819
  • NDL 請求記号
    Z16-89
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ