東京電力(株)福島第一原子力発電所事故から学ぶ Lessons Learned from the Fukushima Daiiehi Accident

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

<p>2011年3月11日に起こった巨大地震と大津波により東京電力(株)福島第一原子力発電所が被災し, 1 号機から4 号機が原子力災害を引き起こすにいたった.この事故を分析して反省と教訓を引き出し,わが国だけでなく世界の原子力施設の安全性向上に資する必要がある.ここでは,東京電力(株)福島第一原子力発電所における事故初期の状況に関し,原子力安全・保安院や東京電力(株)の資料などを用いて要点をまとめた.また,日本原子力学会の「事故から得られる教訓と提言」および「事故の遠因」の要点についても述べる.</p>

収録刊行物

  • 安全工学

    安全工学 50(6), 367-373, 2011-12-15

    安全工学会

参考文献:  5件中 1-5件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030152786
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00012812
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    05704480
  • NDL 記事登録ID
    023446284
  • NDL 請求記号
    Z14-16
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ