福島第一原子力発電所事故後の確率論的安全評価の課題 Issues and Recommendations for PSA after Fukushima Dai-ichi NPP Accidents

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

<p>福島第一原子力発電所事故からの教訓の中で,原子力安全確保の方法論として確率論的安全評価(PSA)への期待が高まってきている.その一方で,今回の事故では,PSA の持つ技術的な課題も顕在化した. そこで,まず,今回の事故の進展を振り返り,現在のPSA のリスク評価手法としての有効性を確認した.その後,IAEA の原子力安全の目的と深層防護の考え方の観点から,現在のPSA の課題を整理した. 最後に,PSA 技術全体の底上げを図るために,原子力安全と深層防護,評価範囲の網羅性と最新技術へのキャッチアップ,標準整備戦略の必要性,人材育成,リスクコミュニケーションの観点から6 つの提言を行った.</p>

収録刊行物

  • 安全工学

    安全工学 50(6), 389-395, 2011-12-15

    安全工学会

参考文献:  24件中 1-24件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030152818
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00012812
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    05704480
  • NDL 記事登録ID
    023446332
  • NDL 請求記号
    Z14-16
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ