ナノ材料のリスク評価 Risk Assessment of Manufactured Nanomaterials

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

<p>ナノ材料は,幅広い分野での技術革新をもたらす期待がある反面,新たなリスクへの懸念もある.OECD やISO といった国際機関を始め,リスク評価のための取り組みが進んできている.ここで,まず関心を集めているのはヒト健康リスクである.リスク評価における困難さは,適切な有害性試験のための試料調製とキャラクタリゼーションにある.ナノ材料の有害性は,経験的には,比表面積と関連しているが,一方で,長い繊維状のカーボンナノチューブには,アスベスト様の有害性の懸念もある.作業環境での暴露ついては,許容暴露濃度の導出およびリスクの評価の事例が出てきた.材料や工程によってはリスクの懸念が否定できないものの,通常の粉じん暴露管理対策が有効であろうと考えられる.欧米の企業に既に見られるように,リスク評価を自社製品の開発・販売戦略の一環と位置付け,積極的にアピールすることが重要になってきた.</p>

収録刊行物

  • 安全工学

    安全工学 51(1), 2-7, 2012-02-15

    安全工学会

参考文献:  34件中 1-34件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

  • プロセス産業の安全

    井内 謙輔 , 若倉 正英 , 島田 行恭 , 別府 眞左三

    化学工学 = Chemical engineering 77(10), 754-758, 2013-10-05

    参考文献44件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030152958
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00012812
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    05704480
  • NDL 記事登録ID
    023578376
  • NDL 請求記号
    Z14-16
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ