自然災害リスク情報提示における制御焦点理論の応用可能性 Adopting Regulatory Focus Theory to Natural Disaster Risk Communication : A Theoretical Approach

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

<p>自然災害に備えるための基本的な思想として,"防災"という従来の思想から,"減災"というあたらしい思想への転換が,国内外の随所で確認されるようになっている.この思想の変化の本質を理解し,巧みに利用することは,社会的認知の研究において人が"何かを得るために行動しようとする"ことと,"何かを失うことを避けるために行動しようとする"こととでは,出現する行動や,行動の出現傾向そのものに違いが生じることを説明する"制御焦点理論(regulatory focus theory)"の視点から考えても,今後の自然災害対策施策に極めて大きな意味を持つことが推察される.本論では,より安全な社会や自然災害に強い社会基盤を構築するために,これから求められる自然災害リスク・コミュニケーションや情報提示のひとつの方法として,制御焦点理論の理論的な説明および応用に向けた展望をまとめた.</p>

収録刊行物

  • 安全工学

    安全工学 51(1), 8-13, 2012-02-15

    安全工学会

参考文献:  23件中 1-23件 を表示

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030152993
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00012812
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    05704480
  • NDL 記事登録ID
    023578408
  • NDL 請求記号
    Z14-16
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ