プロセス安全管理モデルに基づいた変更管理フロー Representation of Logical Management-of-Change Activities Emerged from Business Process Model for Process Safety Management

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

<p>化学プラントはライフサイクルを通じて多様に変化するので,変更管理は化学プラントの機能及び安全を維持するために必要不可欠であり,プロセス安全管理(Process Safety Management;PSM)の中でも重要な要素の一つとされている.一方, PDCA サイクルのマネジメントの仕組みと業務実施に必要な資源提供の関係を明示したPSM 業務プロセスモデルが提案されている.本論文では,事例として取り上げた変更に関する業務の流れをPSM 業務プロセスモデル上でトレースした.その結果,PSM 業務プロセスモデルを参照モデルとして用いれば,変更実施,再評価,変更履歴の保存,及びプロセス安全情報の更新など論理的な変更の業務フローのあるべき姿を明示できることを確認した.</p>

<p>Chemical process plant has possibility of diversity change through the plant lifecycle and change is inevitably occurred. Management of change( MOC) is absolutely imperative to maintain the function and the safety of the plant, and is one of the most important elements of the PSM. Importance things of MOC are to oversee the flow of change process and to ensure that each activity of PSM is performed appropriately. In this paper, change examples have been traced based on the PSM business process model which represents the framework of PDCA and the resource provision needed for performing each activity. As results of them, it has been confirmed that the logical MOC activities can be emerged from the PSM business process model. The logical MOC activities consist of implementation of change, review of MOC process, record of change history, update of process safety information, etc.</p>

収録刊行物

  • 安全工学

    安全工学 51(1), 14-20, 2012-02-15

    安全工学会

参考文献:  6件中 1-6件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030153017
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00012812
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    05704480
  • NDL 記事登録ID
    023578429
  • NDL 請求記号
    Z14-16
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ