減圧下での非平衡プラズマ支援燃焼による廃油の直接処理 Direct Decomposition of Waste Oil in Plasma-Assisted Combustion under Reduced Pressure

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究では減圧下にマイクロ波を照射して非平衡プラズマを生成し,そこに廃油を噴霧することでプラズマ支援燃焼による分解処理を行った.実験は減圧下にマイクロ波を照射してプラズマ支援燃焼で廃油を分解した場合と,マイクロ波を照射せず減圧下で廃油を分解した場合の発光スペクトルと排ガス組成および生成量を比較した.その結果,プラズマ支援燃焼の場合は総じて発光強度が増加し,特にOHラジカルの発光強度は30倍以上に増加した.また,水素および一酸化炭素の生成量が増加し,二酸化炭素は減少する傾向となった.本研究により減圧下でのプラズマ支援燃焼の分解特性が明らかとなり,新しい廃棄物処理方法につながる可能性が示された.

In this study, direct decomposition of waste oil was attempted by use of plasma-assisted combustion under reduced pressure. Experiments were performed to compare the emission spectrum, composition and production of the gases generated by plasma-assisted combustion and reduced-pressure combustion. It was found that plasma-assisted combustion increased the total emission intensity, and that OH emission intensity was increased more than 30 times. In addition, H<sub>2</sub> and CO increased, whereas CO<sub>2</sub> decreased in the generated gas. This study showed the decomposition characteristics of waste oil during plasma-assisted combustion under reduced pressure, and it indicated the possibility that it can be used as a new waste-treatment technology.

収録刊行物

  • 化学工学論文集 = Kagaku kogaku ronbunshu

    化学工学論文集 = Kagaku kogaku ronbunshu 37(5), 408-412, 2011-11-20

    公益社団法人 化学工学会

参考文献:  14件中 1-14件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030159967
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    023451316
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ