工場作業における3段階の危険源抽出法 Three-Step Hazard Identification from Human Work in Factory Operations

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 江口 元 EGUCHI Hajime
    • 東京農工大学 産官学連携・知的財産センター Center for Innovation and Intellectual Property, Tokyo University of Technology and Agriculture

抄録

製造工場においては,労働災害をなくすために労働安全衛生マネジメントシステム(OSHMS)が導入されているが,その中では工場内に潜在する危険源を抽出し,リスクアセスメントを行い,その結果を用いて,リスク低減をはかる.しかし危険源がすべて抽出されているとは限らず,隠れた危険源が誘因となり労働災害が発生することがある.その原因の一つとして,工場における作業を単位動作まで分解したのちに,さらに危険源の抽出を行うにあたって,危険源の見落としが出てしまうことである.本論文では,リスクアセスメントにおいて,人の行う作業の中に潜在し,トラブルとして顕在化しうる危険源の見落としを減らす方法を提案する.そこでは,まず熟練作業者が作業手順を記述し,それをもとに1)熟練作業者が自身の知識に基づいて作業動作に潜在する危険源を抽出すること,2)作業手順の記述を文脈解析し,事故・災害が潜在するかどうかを調べて,作業動作から事故・災害に至るプロセスにおける危険源を抽出すること,さらに3)実作業における事故・災害の発生,あるいは職場での想定ヒヤリ・ハットによるリスクの発掘の結果から危険源を抽出することという3段階の方法をとる.

In the factory, OSHMS (Occupational Safety and Health Management System) is often introduced to eliminate incidents and accidents in routine human work. In this system, the people who carry out production identify hazards that accompany daily activity in the factory, assess the risks involved in human work and, from the results of risk assessment, try to reduce these risks. Nevertheless, incidents and accidents continue to occur, one reason being oversight in hazard identification. This paper proposes a method to reduce the oversight of hazards during risk assessment in the plant. Based on a description of operational procedure by experienced production workers, the following three-step method is followed. 1) Experienced production workers identify potential hazards in the operational procedure based on their own knowledge; 2) by contextual analysis of the description, the production workers examine the possibility of incident or accident and identify hazards in the process from operation to incident or accident; and 3) hazards are identified from accidents and incidents occurring real operations or the imaginary incident envisaged by the production workers.

収録刊行物

  • 化学工学論文集 = Kagaku kogaku ronbunshu

    化学工学論文集 = Kagaku kogaku ronbunshu 37(5), 532-538, 2011-11-20

    公益社団法人 化学工学会

参考文献:  14件中 1-14件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030160217
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    023452908
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ