チューベローズ (Polianthes tuberosa) カルスの細胞外多糖産生に対する溶存酸素濃度およびせん断力の影響評価 Evaluation of the Influences of Dissolved Oxygen and Shearing Force on Extracellular Polysaccharide Production of Polianthes tuberosa Callus

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

細胞外へ多糖を産生する<i>Polianthes tuberosa</i>(チューベローズ)カルスについて,多糖産生に対する溶存酸素濃度およびせん断力の影響を評価した.両者を独立して評価する方法として,充填層型リアクターを使用することが有効であった.カルスの酸素消費速度は溶存酸素濃度の上昇とともに増加するが,多糖の産生は7.6 g/m<sup>3</sup>をピークに減少した.溶存酸素濃度を7.6 g/m<sup>3</sup>近傍に保った条件の下では,供給する培地が与えるせん断力に対して,多糖の産生は極大値を有した.工業生産において一般的に使用される通気撹拌槽では,7.6 g/m<sup>3</sup>付近での溶存酸素濃度の制御は可能であり,好ましいせん断力の付与は難しいものの,安定な操作域での運転が可能であった.

The influences of dissolved oxygen and shearing force on the production of extracellular polysaccharides by <i>Polianthes tuberosa</i> callus were evaluated independently by use of a fixed-bed reactor. Oxygen consumption rate of the callus increased with increasing dissolved oxygen (DO) concentration, while the polysaccharide productivity peaked at DO concentration of 7.6 g/m<sup>3</sup>. When DO concentration was kept around 7.6 g/m<sup>3</sup>, the maximized polysaccharide productivity was observed with respect to shearing force generated by the flow of medium. Assessment of culture performance in an industrially conventional vessel with aeration and agitation showed that DO concentration could be controlled around 7.6 g/m<sup>3</sup> under a stable operation condition of shearing force, though a desirable condition of shearing force was difficult to achieve.

収録刊行物

  • 化学工学論文集 = Kagaku kogaku ronbunshu

    化学工学論文集 = Kagaku kogaku ronbunshu 38(1), 52-56, 2012-03-20

    公益社団法人 化学工学会

参考文献:  23件中 1-23件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030160413
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    023618789
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ