撹拌による藍藻スピルリナからの細胞内物質の漏出 Leakage of Intracellular Substances from Blue-Green Algae, Spirulina platensis due to Agitation

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 大平 勇一 OHIRA Yuichi
    • 室蘭工業大学大学院工学研究科 応用理化学系専攻 Division of Applied Sciences, Graduate School of Engineering, Muroran Institute of Technology
    • 島津 昌光 SHIMADZU Masamitsu
    • 室蘭工業大学大学院工学研究科 応用理化学系専攻 Division of Applied Sciences, Graduate School of Engineering, Muroran Institute of Technology
    • 小幡 英二 OBATA Eiji
    • 室蘭工業大学大学院工学研究科 応用理化学系専攻 Division of Applied Sciences, Graduate School of Engineering, Muroran Institute of Technology

抄録

スピルリナおよびクロレラからの細胞内物質漏出速度におよぼす撹拌の影響を明らかにするため,スピルリナ懸濁液の撹拌実験を行った.濾過によってスピルリナおよびクロレラを除去した培養液の紫外吸収を測定したところ,撹拌を行うことでスピルリナおよびクロレラから細胞内物質が漏出することがわかった.細胞内物質の漏出速度はスピルリナ濃度の1.0乗と羽根枚数の1.3乗に比例した.撹拌レイノルズ数<i>Re</i>が1.1–2.2×10<sup>4</sup>の範囲で,スピルリナからの細胞内物質の漏出速度定数は7×10<sup>−3</sup> m<sup>3</sup> · kg<sup>−1</sup> · h<sup>−1</sup>であり,クロレラのそれに比べて1.4倍である.

To clarify the effect of agitation on the leakage rate of intracellular substances from <i>Spirulina platensis</i> and <i>Chlorella pyrenoidosa</i>, we measured the ultraviolet absorption of culture media after agitation and subsequent removal of cells by filtration. The leakage rate of the intracellular substances from <i>S. platensis</i> was proportional to algal concentration to the power of 1.0 and to blade number to the power of 1.3. For Reynolds numbers in the range of 1.1–2.2×10<sup>4</sup>, the leakage rate constant of intracellular substances of <i>S. platensis</i> was 7×10<sup>−3</sup> m<sup>3</sup> · kg<sup>−1</sup> · h<sup>−1</sup>, which was 1.4 times that of <i>C. pyrenoidosa</i>.

収録刊行物

  • 化学工学論文集 = Kagaku kogaku ronbunshu

    化学工学論文集 = Kagaku kogaku ronbunshu 38(1), 57-60, 2012-03-20

    公益社団法人 化学工学会

参考文献:  12件中 1-12件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030160437
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    023618805
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ