アルコール+水+アルコール, アルカン型3成分系液液平衡の測定と相関 Measurement and Correlation of Liquid-Liquid Equilibria of Alcohol+Water+Alcohol Systems and Alcohol+Water+Alkane Systems

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

新たに作製した液液平衡測定装置を用いて,7種の3成分系,メタノール+水+<i>n</i>-ブタノール(303.15 K),<i>n</i>-プロパノール+水+<i>n</i>-ブタノール,<i>n</i>-プロパノール+水+<i>n</i>-アミルアルコール,2-プロパノール+水+<i>n</i>-アミルアルコール(298.15 K),メタノール+水+<i>n</i>-ヘプタン,<i>n</i>-プロパノール+水+<i>n</i>-ヘプタン,2-プロパノール+水+<i>n</i>-ヘプタン(303.15 K)の溶解度とタイラインデータを測定した.次に,これら7種のタイラインデータからNRTLパラメータを求め,最後に求めたNRTLパラメータを用いて,フィード組成を与えた場合に両液相の組成を求める液液平衡計算を行い,パラメータの妥当性を確認した.

Solubilities and tie line data were measured for seven ternary systems (methanol+water+<i>n</i>-butanol, <i>n</i>-propanol+water+<i>n</i>-butanol, <i>n</i>-propanol+water+<i>n</i>-amylalcohol, 2-propanol+water+<i>n</i>-amylalcohol, methanol+water+<i>n</i>-heptane, <i>n</i>-propanol+water+<i>n</i>-heptane, 2-propanol+water+<i>n</i>-heptane) using new experimental apparatus for liquid–liquid equilibria. NRTL parameters were determined using experimental tie line data and were confirmed by liquid–liquid equilibrium calculations of the components of both liquid phases from the feed components.

収録刊行物

  • 化学工学論文集 = Kagaku kogaku ronbunshu

    化学工学論文集 = Kagaku kogaku ronbunshu 38(1), 69-75, 2012-03-20

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  14件中 1-14件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030160461
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    023618855
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ