軽焼マグネシアの反応性に及ぼす改質条件の影響 Effect of Reforming Conditions on Reactivity of Soft-Burned Magnesia

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 大平 勇一 OHIRA Yuichi
    • 室蘭工業大学大学院工学研究科 応用理化学系専攻 Division of Applied Sciences, Graduate School of Engineering, Muroran Institute of Technology
    • 若狭 学 WAKASA Manabu
    • 室蘭工業大学大学院工学研究科 応用理化学系専攻 Division of Applied Sciences, Graduate School of Engineering, Muroran Institute of Technology
    • 島津 昌光 [他] SHIMADZU Masamitsu
    • 室蘭工業大学大学院工学研究科 応用理化学系専攻 Division of Applied Sciences, Graduate School of Engineering, Muroran Institute of Technology
    • 小幡 英二 OBATA Eiji
    • 室蘭工業大学大学院工学研究科 応用理化学系専攻 Division of Applied Sciences, Graduate School of Engineering, Muroran Institute of Technology

抄録

マグネサイトに硝酸マグネシウム6水和物を添加して製造した軽焼マグネシアの反応性について検討した.その結果,280メッシュを通過したマグネサイトの反応率は0.070であり,マグネサイトを加熱することで反応率は高くなることがわかった.マグネサイトに硝酸マグネシウム6水和物を添加した場合,短時間の加熱では反応率の高い軽焼マグネシアが得られる.

Effect of addition of magnesium nitrate hexahydrate on the reactivity of soft-burned magnesia was experimentally investigated. We found that the reactivity of magnesite which passed 280 mesh was 0.070, and the reactivity of that was increased by calcining. When magnesium nitrate hexahydrate was added to magnesite, the soft-burned magnesia with a high reactivity was produced in heating for a short time.

収録刊行物

  • 化学工学論文集 = Kagaku kogaku ronbunshu

    化学工学論文集 = Kagaku kogaku ronbunshu 38(1), 135-138, 2012-03-20

    公益社団法人 化学工学会

参考文献:  7件中 1-7件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030160659
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    023619269
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ