スポーツ流体に関する風洞とその関連技術 : スキージャンプを例として Wind tunnel tests and concerned topics in Sports : Ski jumping flight

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本解説では,スポーツ流体の研究例として,スキージャンプの風洞実験と最適化計算例を紹介する.この紹介を通して,空気力測定は,それ以降の全てに影響を与える為,最重要であることを述べる.その上で,領域横断的なスポーツ流体のようなテーマの場合,単一の目的を強調するのではなく,調和,バランス,総合力が重要で,様々な目的をコンカレント(並行、同時)に取り扱わなければならない.スポーツでは,研究対象に人間が含まれる以上,感性や心理戦,戦略等にも配慮する必要がある.例えば,きれい,気持ちいい,といった感性に関する量をシミュレーション可能な物理量に変換する点が研究者の腕の見せ所である.1つ1つの対象に対して,丁寧な観察と洞察力によって,これらの変換作業を行うしかない,というのが現状である.

  This paper explains three important factors of fluid dynamics in sports through the analysis of flight in a ski jump. The first important element is measuring aerodynamic forces in wind tunnel tests. If the values of aerodynamic forces are not accurate, the results of the computer simulation may be invalid. The second influence is concurrent optimization. Fluid dynamics research for sports should consider not only one objective, but several objectives in order to ensure equal optimization. The final factor is translating feeling to a quantity which can be simulated. This is attained on the basis of careful observation and insight for each problem.

収録刊行物

  • 可視化情報学会誌 = Journal of the Visualization Society of Japan

    可視化情報学会誌 = Journal of the Visualization Society of Japan 32(124), 3-8, 2012-01-01

    社団法人 可視化情報学会

参考文献:  9件中 1-9件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030161662
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10374478
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09164731
  • NDL 記事登録ID
    023506036
  • NDL 請求記号
    Z15-431
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ