瀬野川における生物指標を用いた下水道整備の評価 Evaluation of Sewerage System Development in Seno River Using Biotic Indices

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 天川 卓也 AMAKAWA Takuya
    • 広島国際学院大学大学院工学研究科 Materials Science and Engineering, Graduate School of Engineering, Hiroshima Kokusai Gakuin University
    • 竹野 健次 TAKENO Kenji
    • 広島国際学院大学大学院工学研究科 Materials Science and Engineering, Graduate School of Engineering, Hiroshima Kokusai Gakuin University
    • 佐々木 健 SASAKI Ken
    • 広島国際学院大学大学院工学研究科 Materials Science and Engineering, Graduate School of Engineering, Hiroshima Kokusai Gakuin University

抄録

瀬野川において生活排水が流れ込む地点での,下水道工事以前の1998年から2000年までと,2000年から2003年までの,下水道工事による水環境への影響を評価した.1998年から工事終了後の2005年の間でそれぞれ最大で汚濁指数が約2分の1,生物指数が約3倍,多様性指数が2.5倍,汚濁性生物比率が3分の1程度になり,それぞれの指数が改善された.下水道整備後以降に整備区間下流側において汚濁指数の低下,生物指数,多様性指数の上昇,および汚濁性生物比率の低下が認められ,これらのことから下水道整備が水質改善に寄与することが示唆された.

Effects of sewerage system improvement on profiles of benthic animal in Seno River which domestic wastewater was discharged were investigated from 1998 to 2000. Improvement was carried out 2000 to 2003. From 1998 to 2005, pollution index, bio index, diversity index and <I>p.p</I> index were improved about 2, 3, 2.5 and 1.6 times, respectively. The improvement of water quality in Seno River due to the sewage system development was suggested by the evaluations of biotic indices such as pollution index, bio index, diversity and <I>p.p</I> index.

収録刊行物

  • 環境技術 = Environmental conservation engineering

    環境技術 = Environmental conservation engineering 41(1), 48-52, 2012-01-20

    環境技術学会

参考文献:  5件中 1-5件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030163034
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00046213
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    03889459
  • NDL 記事登録ID
    023493271
  • NDL 請求記号
    Z16-834
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ