低炭素社会に向けた地域連携による食料・エネルギー自給構造分析 : 北海道の第一次産業バイオマスによるポテンシャル評価 Analysis of a Regional Partnership Structure for Food and Energy in a Low Carbon Society : A forecast of self-sufficiency potential using biomass from primary industries in Hokkaido, Japan

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

低炭素社会に向けた地域連携による食料・エネルギー自給構造を定量的に分析した.北海道を対象とし,バイオマスを基盤として,各振興局における食料・バイオマスによるエネルギー生産,CO<sub>2</sub>削減ポテンシャルと2030年の人口から導いた食料・エネルギー消費,CO<sub>2</sub>排出を評価した.そして,各振興局のそれら需給関係から連携構造の特徴を整理するとともに,北海道の自給ポテンシャルを推計し,低炭素社会に向けた食料・エネルギー自給構造を考察した.<br> その結果,都市と農村などの地域が連携し,物質,エネルギーに関する補完関係を築くことにより,北海道は食料(飼料,肥料を含む),エネルギーに関する自給ポテンシャルを十分に有することが示された.そして,次の点が北海道の自給構造確立のために重要であると結論付けた.(1)農村地域のバイオマス循環・徹底利用システムの構築 (2)都市-農村連携による有機物・エネルギー補完と生態系サービス補償システム.

In this paper, a self -sufficient structure for regional partnership regarding food, energy and CO<sub>2</sub> with the goal of a low carbon society, was proposed and studied for Hokkaido, Japan. Production based on biomass and consumption of food and energy in each region of Hokkaido in 2030 was forecasted and food and energy self-sufficient potential in each region was clarified. The emissions, reduction, and absorption levels of CO<sub>2</sub> were projected in the same way. From the results of the forecast, it is clear that the complement between urban and rural areas makes the establishment of food and energy self-sufficiency in Hokkaido potentially feasible. It is indicated that the urban areas must compensate for the food and energy they receive from the rural areas.

収録刊行物

  • 環境技術 = Environmental conservation engineering

    環境技術 = Environmental conservation engineering 41(3), 130-137, 2012-03-20

    環境技術学会

参考文献:  27件中 1-27件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030163120
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00046213
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03889459
  • NDL 記事登録ID
    023603994
  • NDL 請求記号
    Z16-834
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ