栃木県におけるオオムギ黒節病の発生と種子消毒法の検討 Occurrence of Barley Bacterial Black Node (Pseudomonas syringae pv. Japonica) in Tochigi Prefecture and its Control by Barley Seed Disinfection Treatments

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

2010年5月に栃木県内のオオムギ圃場において,オオムギ黒節病が多発した。本病は種子伝染性病害であるため,種子消毒による防除効果を検討した。化学薬剤ではオキシテトラサイクリン・ストレプトマイシン水和剤 (防除価52) の防除効果が認められた。また,80℃5~6日間の乾熱処理と10~30分間の食酢処理の組合せ (防除価77~98) は,効果が高く,出芽率の低下も小さかった。

収録刊行物

  • 関東東山病害虫研究会報

    関東東山病害虫研究会報 58, 9-12, 2011-12-01

    The Kanto-Tosan Plant Protection Society

参考文献:  8件中 1-8件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030163439
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11497675
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13471899
  • NDL 記事登録ID
    023448231
  • NDL 請求記号
    Z18-120
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ