ジャガイモそうか病の耕種的防除 Cultural Control of Potato Scab

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 青木 一美 AOKI Kazumi
    • 茨城県農業総合センター農業研究所 Ibaraki Agricultural Center Agricultural Research Institute
    • 渡邊 健 WATANABE Ken
    • 茨城県農業総合センター農業研究所 Ibaraki Agricultural Center Agricultural Research Institute

抄録

ジャガイモそうか病を対象に,化学合成農薬に頼らない耕種的防除法について検討した。緑肥作物としてヘアリーベッチを導入し,ジャガイモ3年1作体系で輪作を行うと,そうか病の発病が軽減された。また,施肥方法を慣行の配合肥料の全面全層施用から,過リン酸石灰,硫酸カリの全面全層施用,硫酸アンモニウムの作条施用に変更することで,そうか病の発病がさらに軽減された。

収録刊行物

  • 関東東山病害虫研究会報

    関東東山病害虫研究会報 58, 23-24, 2011-12-01

    関東東山病害虫研究会

参考文献:  7件中 1-7件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030163471
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11497675
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13471899
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ