微生物資材と紙ポット移植の併用によるイチゴ萎黄病の発病軽減効果 The Effect of Combining a Biocontrol Agent (Talaromyces flavus) and Transplantation Using Paper-Pots on the Incidence of Fusarium Wilt of Strawberry

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

微生物資材と紙ポット移植の組み合わせによるイチゴ萎黄病の発病軽減効果を検討した。紙ポットと微生物資材を併用処理したイチゴ苗を汚染土壌に定植し,発病状況を経時的に調査した。その結果,定植約1か月後の紙ポット移植区,紙ポット移植と微生物資材の併用処理区の発病度は対照区に比べて低かった。さらに,紙ポット移植と微生物資材の併用処理により,定植42日後まで発病軽減が認められ,微生物資材との併用が有効であると考えられた。

収録刊行物

  • 関東東山病害虫研究会報

    関東東山病害虫研究会報 58, 47-49, 2011-12-01

    関東東山病害虫研究会

参考文献:  12件中 1-12件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030163511
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11497675
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13471899
  • NDL 記事登録ID
    023448509
  • NDL 請求記号
    Z18-120
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ