Beauveria bassiana 乳剤と気門封鎖剤の混用によるタバココナジラミに対する防除効果向上の検討 Synergistic Effects of Beauveria bassiana and Spiracle-blocking Insecticides for Bemisia tabaci

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ミニトマトに発生したタバココナジラミに対して<i>Beauveria bassiana</i>乳剤と気門封鎖剤の脂肪酸グリセリド乳剤を混用散布し,混用が防除効果に及ぼす影響を検討した。全ての混用散布区では<i>B. bassiana</i>乳剤単用散布区よりも高い防除効果が得られ,混用による防除効果の向上が示唆されたが,葉に薬害が確認された。そこで,脂肪酸グリセリド乳剤を混用する濃度を低くすると薬害は回避され,高い防除効果も維持できた。さらに,<i>B. bassiana</i>乳剤と混用しても薬害を生じず防除効果が期待される他の気門封鎖剤の探索を行った。今後は,薬害を生じずに防除効果を向上させる気門封鎖剤の混用濃度を検討し,圃場試験による防除効果とコストの削減を確認することが必要である。

収録刊行物

  • 関東東山病害虫研究会報

    関東東山病害虫研究会報 58, 107-110, 2011-12-01

    関東東山病害虫研究会

参考文献:  13件中 1-13件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030163653
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11497675
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13471899
  • NDL 記事登録ID
    023448810
  • NDL 請求記号
    Z18-120
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ