研削時における砥粒挙動と工作物の弾性回復量の定量的評価 Quantitative estimation of abrasive grain behavior and elastic recovery of workpiece in grinding operation

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

研削加工において,砥粒1粒あたりの切残し量は,砥粒の弾性変位量と工作物の弾性回復量に起因している.これらを定量的に評価することにより,研削時にどの程度工作物を除去しているのかを正しく把握することができる.しかし,この砥粒の弾性変位量や工作物の弾性回復量に関しては個々に研究がなされ定性的に評価できているものの,実際の砥粒を用いてそれらを定量的に評価するには至っていない.そこで本研究では,砥粒1粒を用いて研削した場合の砥粒の弾性変位量と工作物の弾性回復量を算出し,研削時の研削痕深さを定量的に評価することを目的としている.レジノイド砥石の粒度60,80,100番の砥粒1粒を用いて設定切込量1μmで研削を行った.その結果,実際に除去される研削量は設定切込量に比べ小さいことを実験より確認した.

In the grinding operation, residual stock removal of the workpiece by abrasive grains occurs by elastic displacement of the abrasive grain and elastic deformation of the workpiece. Therefore, investigation of the elastic displacement and deformation allows quantitative determination of the amount of residual stock removal of the workpiece in the grinding operation. This study was performed to estimate the ground depth of cut of the workpiece taking into account the elastic displacement of abrasive grain and the elastic deformation of the workpiece in single abrasive grain grinding. Here, grinding operations with the settled depth of cut of 1μm for abrasive grain grade 60, 80, and 100 were carried out, and the ground depth of cut was examined quantitatively.

収録刊行物

  • 砥粒加工学会誌 = Journal of the Japan Society of Grinding Engineers

    砥粒加工学会誌 = Journal of the Japan Society of Grinding Engineers 55(12), 723-728, 2011-12-01

    社団法人 砥粒加工学会

参考文献:  14件中 1-14件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030194500
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10192823
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09142703
  • NDL 記事登録ID
    023348648
  • NDL 請求記号
    Z16-1147
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ