レーザフォーミングによる純チタン板の曲面成形に関する研究 Bending of pure titanium sheet to a curved surface shape by laser forming technique

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究はレーザフォーミングによって純チタン板を任意の曲面形状へ成形することを目指し,まず表面を溶融させずに成形するためにビーム直径が1.8mmとなるようにデフォーカスした出力100Wのレーザを用いるものとし,さまざまな走査速度ならびに走査回数で純チタン板のレーザフォーミングを行い曲げ角度との関係を回帰式によって定式化した.その実験式を用いて円弧,放物線などの形状を作成した結果,必要な曲げ角度に対してまず走査回数を決定した後に走査速度を調整することで,目標形状を成型できることを示した.また事前変形と座屈メカニズムを利用することで裏側へ曲げることができることを示した.

This paper deals with laser forming procedure to bend pure titanium sheets along arbitrary curved shapes. In preliminary experiments, single-straight-line bending was carried out, and the relationship between angle of bend and laser irradiation condition was investigated. The angle of bend could be controlled with the scanning velocity and the number of scanning passes. Using the experimental formula obtained by single-straight-line bending, we attempted to bend titanium sheet along a given parabolic shape with multi-straight-line bending. The experimental results corresponded well to the target shape. This paper proposed a laser forming procedure for curved shapes, including both convex and concave curves. The bending direction was controlled by defocus length of laser beam and pre-bending direction.

収録刊行物

  • 砥粒加工学会誌 = Journal of the Japan Society of Grinding Engineers

    砥粒加工学会誌 = Journal of the Japan Society of Grinding Engineers 55(12), 739-743, 2011-12-01

    社団法人 砥粒加工学会

参考文献:  6件中 1-6件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030194530
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10192823
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09142703
  • NDL 記事登録ID
    023348687
  • NDL 請求記号
    Z16-1147
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ