ELID研削における電解還元水の影響 Influence of electrolyzed reduced water in ELID grinding

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

環境への配慮や機能的な加工を実現するため,ラバーボンド砥石と電解還元水を研削液に用いたELID加工技術の構築を進めている.本報告では研削液に電解還元水を用いた際の被加工物への影響を調査した.実験は電解還元水の基礎的特性の調査,被加工物の表面成分分析,生体適合性の調査を行った.電解還元水はアルカリ性で導電性を有している.塩化カルシウムを用いた電解還元水を研削液として使用すると表面にカルシウムが拡散した.またアパタイトがよく成長したため,研削液に電解還元水を用いることで生体適合性の向上が確認された.

We propose a new ELID grinding technique using electrolyzed reduced water as the grinding solution and conductive rubber bond grinding wheel. In this study, we performed grinding experiments on pure Ti using this system, and the fundamental characteristics of the system were investigated. The results showed that mirror surface finishing can be achieved, with a rich layer of Ca and reduced water components on the workpiece surface. Biocompatibility of the workpiece after grinding using this system was superior to that of the conventional ELID grinding system.

収録刊行物

  • 砥粒加工学会誌 = Journal of the Japan Society of Grinding Engineers

    砥粒加工学会誌 = Journal of the Japan Society of Grinding Engineers 55(12), 744-745, 2011-12-01

    The Japan Society for Abrasive Technology

参考文献:  4件中 1-4件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030194537
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10192823
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    09142703
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ