ELID研削を施したCo-Cr合金の超高分子量ポリエチレンによる摩擦環境下における腐食特性評価 Evaluation of corrosion behavior of ELID ground Co-Cr alloy worn by Ultra High Molecular Weight Polyethylene (UHMWPE)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究では,Co-Cr合金に対してELID研削を施し,その表面性状および超高分子量ポリエチレンによる摩擦環境下における腐食特性について評価した.その結果,ELID研削によりCo-Cr合金の鏡面加工が可能であることを明らかとした.さらに,ELID研削を施すことにより加工面に安定な表面改質層が付与され,摩擦環境下における耐食性の向上が可能となることを示した.

The purpose of this study was to evaluate the surface properties and corrosion behavior of Co-Cr alloys ground by Electrolytic In-process Dressing (ELID) grinding. This evaluation was carried out by abrading the alloy surfaces using ultra high molecular weight polyethylene (UHMWPE). The evaluation results showed that ELID grinding can be used to perform mirror finishing on Co-Cr alloys. ELID grinding was also applicable to create a stable modified layer, which improves corrosion wear characteristics on the workpiece surface.

収録刊行物

  • 砥粒加工学会誌 = Journal of the Japan Society of Grinding Engineers

    砥粒加工学会誌 = Journal of the Japan Society of Grinding Engineers 56(3), 184-189, 2012-03-01

    社団法人 砥粒加工学会

参考文献:  25件中 1-25件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030194767
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10192823
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09142703
  • NDL 記事登録ID
    023552893
  • NDL 請求記号
    Z16-1147
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ