素粒子概論3 Introduction to Elementary Particles 3

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 多田 司 TADA Tsukasa
    • 独立行政法人 理化学研究所仁科加速器研究センター RIKEN Nishina Center for Accelerator-Based Science

抄録

前回までは,実験で確認された素粒子について解説した。最終回では,未発見の素粒子について解説し,今後の素粒子物理学を展望する。理論的に想定される未発見粒子の枠組みを超対称性の概念で解説し,それら新粒子が発見される可能性も紹介する。また,それら新粒子が,ダークマター問題を通じて宇宙物理学と大きく関わっていることにも触れる。

In this third part, discussion is focused on the undiscovered particles and the future development of particle physics, while preceding two parts concerned the elementary particles that had been already uncovered. The most promising framework that leads to new particles would be supersymmetry, and the possibility of its imminent discovery is introduced. Also, the relation between elementary particles and cosmic physics such as Dark Matter Problem is briefly mentioned.

収録刊行物

  • Radioisotopes

    Radioisotopes 60(12), 527-532, 2011-12-15

    Japan Radioisotope Association

参考文献:  7件中 1-7件 を表示

  • <no title>

    南部陽一郎

    クォーク, 1998

    被引用文献1件

  • <no title>

    村山斉

    宇宙は何でできているのか, 2010

    被引用文献1件

  • <no title>

    夏梅誠

    超ひも理論への招待, 2008

    被引用文献1件

  • 素粒子概論1

    多田 司

    Radioisotopes 60(6), 241-248, 2011-06-15

    J-STAGE 参考文献3件 被引用文献3件

  • 素粒子概論2

    多田 司

    Radioisotopes 60(10), 417-431, 2011-10-15

    参考文献5件 被引用文献2件

  • Majorana returns

    WILCZEK F.

    Nature Physics 5, 614-618, 2009

    被引用文献1件

  • Baryon Number Changing Currents

    Miyazawa Hironari , Argonne National Laboratory Argonne : Department of Physics University of Tokyo : Department of Physics University of Tokyo

    理論物理学の進歩 36(6), 1266-1276, 1966-12-25

    機関リポジトリ DOI 被引用文献1件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030198404
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00351589
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00338303
  • NDL 記事登録ID
    023383800
  • NDL 請求記号
    Z15-20
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ