ラドン吸入がペットの健康改善に及ぼす効果に関する基礎的検討 Basic Study on Positive Effects of Radon Inhalation on Pet's Health

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

著者らは今までに,共同開発したラドン吸入装置を用いマウスにラドン吸入をさせた場合,諸臓器中の抗酸化機能が亢進する可能性などを明らかにしてきた。本研究では,ラドン吸入の獣医療への応用の可能性について新たに検討するため,健常なイヌ5頭(オス:2(1,9才),メス:3(1~5才))及び慢性腎不全症のネコ8頭(オス:3(2~6才),メス:5(5~7才))を対象に基礎的な検討をした。すなわち,約5500Bq/m<sup>3</sup>のラドンを1回30分で隔日に30日間(計15回)それぞれ吸入させた。その結果,イヌにおいて,中性脂肪が減少する可能性が示された。また,その効果は吸入開始20~30日後に現れることも示唆できた。他方,ネコにおいて,飲水量が改善し血清中クレアチニンが基準値内に減少する症例がみられるなど,慢性腎不全症に対し一定の効果が期待できる可能性が示唆された。

Radon inhalation using our radon exposure device activated anti-oxidative function in some organs of mouse. To assess the possibility of its application to veterinary care, healthy dogs and cats with chronic renal failure were inhaled radon at a concentration of 5500Bq/m<sup>3</sup> for 30 minutes every 2 days for 30 days. In result, radon inhalation within a relatively long time period significantly decreased the triglyceride level of dogs. On the other hand, some cats increased the volume of drinking water by radon inhalation and the creatinine level in blood of these cats was decreased to normal level. These findings suggest that radon inhalation may have curative properties against chronic renal failure.

収録刊行物

  • Radioisotopes

    Radioisotopes 61(1), 1-8, 2012-01-15

    公益社団法人 日本アイソトープ協会

参考文献:  20件中 1-20件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030198412
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00351589
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00338303
  • NDL 記事登録ID
    023399120
  • NDL 請求記号
    Z15-20
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ