^<125>Iと^<241>Amの実効線量透過率の計算 Calculation of the Effective Dose Transmissions for ^<125>I and ^<241>Am

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

アイソトープ手帳の11版が出版され,実効線量率定数が光子エネルギー10keV以上と30keV以上の二つの値が示された。10keV以上と30keV以上の光子による実効線量透過率の変化を求めるために,<sup>125</sup>Iと<sup>241</sup>Amについて計算を行った。<br>遮蔽材は,水,コンクリート,アルミニウム,鉄,鉛についての実効線量透過率の計算を行った。<br>今回の計算結果と従来用いられていた実効線量透過率についても比較を行った。

The Radioisotope Pocket Data Book 11<sup>th</sup> edition gives values of the effective dose rate constants for two photon energy ranges of over 10keV and over 30keV.<br>To see the differences of the effective dose transmissions between above mentioned two energy ranges, over 10keV and over 30keV, we calcurated those for <sup>125</sup>I and <sup>241</sup>Am with five shielding materials, water, concrete, aluminum, iron, lead. Our new calcurated values were compared with conventionally used values.

収録刊行物

  • Radioisotopes

    Radioisotopes 61(1), 9-19, 2012-01-15

    公益社団法人 日本アイソトープ協会

参考文献:  6件中 1-6件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030198433
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00351589
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    00338303
  • NDL 記事登録ID
    023399156
  • NDL 請求記号
    Z15-20
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ