放射線治療 : 体幹部定位放射線治療 Current Perspectives of Radiation Therapy Stereotactic Body Radiotherapy

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

定位放射線治療は,「小腫瘍に対して高精度に短期で3次元的に集中的大線量を投与する」と定義され,「切らずに治す」ことが可能となった。体幹部定位照射は,(1)1990年代半ばから急速に発展した照射装置の進歩,(2)固定精度の向上,(3)画像誘導技術,(4)呼吸性移動対策などによって,周囲臓器への危険を回避しながら腫瘍への投与線量を上げることが可能になり実現した。定位放射線治療は頭蓋内では約40年の歴史があるが,体幹部病変は固定法・呼吸性移動・線量計算の問題点によりまだ15年程度の経験しかない。それにもかかわらず,小型の肺癌・肺転移・肝腫瘍を中心に安全性と有効性について定位放射線治療の多くの臨床経験が積まれつつあり,特にもっとも治療経験が蓄積されているI期肺癌では,エビデンス度は高くないものの手術と遜色ない成績も報告されている。本稿では,体幹部定位放射線治療について概説し,なぜ「手術に匹敵する可能性があるのか」について考察した。

Stereotactic irradiation is defined as “the administration of high dose concentrated to small target volume with three-dimensional non-coplanar beams during short period”. Stereotactic body radiotherapy(SBRT) has been realized according to the progress of radiotherapy system, the improvement of set-up accuracy using immobilization and image-guidance technique, and management for respiratory motion. While stereotactic radiosurgery for intracranial lesions has more than 40 years' history, SBRT has at most 15 years' because of its technological difficulties. However, the increasing results of SBRT for small primary or metastatic lung tumors and liver tumors indicated good efficacy and safety, and showed good prognosis of stage I non-small cell lung cancer after SBRT that may be comparable to it after surgery. Here, the outline of SBRT was shown and the reason why it can result in the prognosis.

収録刊行物

  • Radioisotopes

    Radioisotopes 61(1), 31-43, 2012-01-15

    公益社団法人 日本アイソトープ協会

参考文献:  36件中 1-36件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030198472
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00351589
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00338303
  • NDL 記事登録ID
    023399209
  • NDL 請求記号
    Z15-20
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ