α線及びβ線放出率測定のための多線式比例計数管計数装置 A Multiwire Proportional Counter System for the Measurement of Alpha and Beta Particle Surface Emission Rates

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

表面汚染検査装置は,放射線防護のために広く用いられている。これらの表面汚染検査装置は,荷電粒子放出率が付与された面線源により校正される。一方,産業技術総合研究所は,計量の国家標準を担っており,荷電粒子放出率については,多線式比例計数管により面線源の測定を行い,面線源を仲介標準器として,校正業務を行っている。現在まで,100mm×100mmの面線源により,校正業務を行ってきたが,今回,新しい多線式比例計数管を導入し,100mm×150mmの面線源によっても,校正業務が行えるように準備作業を進めている。この新しい多線式比例計数管についての特性評価を行うとともに,校正の不確かさ評価を行った。今後,この多線式比例計数管を,表面汚染検査装置の校正等のための面線源に,荷電粒子放出率を付与するために用いていきたい。

A windowless multiwire proportional counter was installed at AIST to determine alpha and beta particle emission rates for 100mm×150mm surface sources. The detector system was characterized and its parameters were optimized. In addition, the uncertainties in the alpha and beta particle emission rates measurements were estimated.

収録刊行物

  • Radioisotopes

    Radioisotopes 61(3), 117-120, 2012-03-15

    公益社団法人 日本アイソトープ協会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030198640
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00351589
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00338303
  • NDL 記事登録ID
    023598292
  • NDL 請求記号
    Z15-20
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ