^<137>Csが海産生物に蓄積するメカニズム(2008年度-2010年度) Bioloalcal Concentration Mechanism of ^<137>Cs in Marine Life (2008-2010)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 平良 文亨 TAIRA Yasuyuki
    • 長崎県環境保健研究センター 研究部 環境科 Nagasaki Prefectural Institute for Environmental Research and Public Health
    • 中村 心一 NAKAMURA Shinichi
    • 長崎県環境保健研究センター 研究部 環境科 Nagasaki Prefectural Institute for Environmental Research and Public Health
    • 山口 仁士 YAMAGUCHI Hitoshi
    • 長崎県環境保健研究センター 研究部 環境科 Nagasaki Prefectural Institute for Environmental Research and Public Health

抄録

玄海原子力発電所周辺で海面養殖されているトラフグを指標に核種分析を実施した結果,トラフグは生育環境において海水を1つの媒介経路として<sup>137</sup>Csを体内に取り込み,生物濃縮により主に筋肉及び骨に分布・蓄積されることが確認された。<sup>137</sup>Csをトレーサとした海産生物の核種分析は,人工放射性核種の環境動態を把握するための基礎データとして,極めて有用である。

From results of radionuclide analysis for tiger globefish cultivated on the surface of the sea around the Genkai nuclear power plant, it was confirmed that tiger globefish took <sup>137</sup>Cs into their bodies and this radionuclide mainly accumulated in their muscle and bone via seawater as a mediation route. Radionuclide analysis of <sup>137</sup>Cs as a tracer for marine life, is extremely useful as the basic data to understand behavior of the artificial radionuclides in the environment.

収録刊行物

  • Radioisotopes

    Radioisotopes 61(3), 145-152, 2012-03-15

    Japan Radioisotope Association

参考文献:  23件中 1-23件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030198720
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00351589
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    00338303
  • NDL 記事登録ID
    023598625
  • NDL 請求記号
    Z15-20
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ