小線源治療 Current Perspectives of Radiation Therapy Brachytherapy

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 伊丹 純 ITAMI Jun
    • 国立がん研究センター中央病院 放射線治療科 Department of Radiation Oncology, National Cancer Center Hospital

抄録

小線源治療は,侵襲的ではあるが,臨床的標的体積と計画標的体積の差を最小限に抑えることが可能であり,また,距離と線量の逆二乗の法則から腫瘍に集中した線量分布が得られる究極の高精度放射線治療である。近年高線量率小線源治療においては画像誘導放射線治療の導入が進んでいる。また,<sup>125</sup>Iなどの新たな放射性同位元素の導入により小線源治療の新たな適応が開拓されつつある。

Although brachytherapy is an invasive modality, it can reduce the difference between the clinical and planning target volumes and obtain very concentrated dose distribution onto the tumor by the inverse square low of distance and dose. Brachytherapy is the supreme of high precision radiation therapy. Image-guided therapy is being implemented in high-dose rate brachytherapy, and the newly introduced radionuclides, such as <sup>125</sup>I have opened now indications in brachytherapy.

収録刊行物

  • Radioisotopes

    Radioisotopes 61(3), 153-159, 2012-03-15

    Japan Radioisotope Association

参考文献:  7件中 1-7件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030198744
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00351589
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00338303
  • NDL 記事登録ID
    023598660
  • NDL 請求記号
    Z15-20
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ