3次元腹部CT像からの仮想胃展開像生成における噴門及び幽門の位置情報を用いた切開線自動決定手法の開発 Automated incision line determination using the cardia and the pylorus positions for virtual unfolded view generation of the stomach from 3D abdominal CT images

この論文をさがす

著者

    • 水藤 倫彰 SUITO T.
    • 名古屋大学大学院情報科学研究科 Graduate School of Information Science, Nagoya University
    • 小田 昌宏 ODA M.
    • 名古屋大学情報連携統括本部情報戦略室 Graduate School of Information Science, Nagoya University
    • 縄野 繁 NAWANO S.
    • 国際医療福祉大学三田病院 Mita Hospital, International University of Health and Welfare
    • 森 健策 MORI K.
    • 名古屋大学情報連携統括本部情報戦略室 Strategy Office, Information and Communications Headquarters, Nagoya University

収録刊行物

  • Journal of Japan Society of Computer Aided Surgery : J.JSCAS

    Journal of Japan Society of Computer Aided Surgery : J.JSCAS 13(3), 180-181, 2011-11-22

参考文献:  4件中 1-4件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030199157
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11908088
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    13449486
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用 
ページトップへ