同一検体を用いたCD34陽性細胞率の検討 Analysis of CD34-positive cells using the same PBSCH or BM samples

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 米村 雄士 YONEMURA Yuji
    • 熊本大学医学部附属病院輸血・細胞治療部 Department of Transfusion Medicine and Cell Therapy, Kumamoto University Hospital
    • 福吉 葉子 FUKUYOSHI Yoko
    • 熊本大学医学部附属病院輸血・細胞治療部 Department of Transfusion Medicine and Cell Therapy, Kumamoto University Hospital
    • 下山 治香 SHIMOYAMA Haruka
    • 熊本大学医学部附属病院輸血・細胞治療部 Department of Transfusion Medicine and Cell Therapy, Kumamoto University Hospital
    • 甲斐 由希美 KAI Yukimi
    • 熊本大学医学部附属病院輸血・細胞治療部 Department of Transfusion Medicine and Cell Therapy, Kumamoto University Hospital
    • 山野 知子 YAMANO Tomoko
    • 熊本大学医学部附属病院輸血・細胞治療部 Department of Transfusion Medicine and Cell Therapy, Kumamoto University Hospital
    • 内場 光浩 UCHIBA Mitsuhiro
    • 熊本大学医学部附属病院輸血・細胞治療部 Department of Transfusion Medicine and Cell Therapy, Kumamoto University Hospital
    • 安東 由喜雄 ANDO Yukio
    • 熊本大学医学部附属病院輸血・細胞治療部 Department of Transfusion Medicine and Cell Therapy, Kumamoto University Hospital

抄録

<p>当院では,1999 年から末梢血幹細胞採取(PBSCH;peripheral blood stem cells harvest)を開始し,CD34 の測定は,2002 年からベックマン・コールター社のStem-Kit を用いて開始した。今回2011 年1 月~4 月に自施設及び熊本医療センターのPBSCH 検体及び骨髄採取検体を用いて,自施設の当日,翌日のCD34 陽性率と検査センターで翌日測定したCD34 陽性率を比較検討した。CD34 陽性率はCD34 抗体の種類やクローンの違いにより,データに差異がでてくると思われるが,今回のように,クローン581 と8G12 のようなクラスIII の抗体であれば,陽性率は相関係数r=0.996 と全く問題を認めなかった。またフローサイトメトリーの機種の違いや,翌日測定することもCD34 陽性率にはほとんど影響与えなかった。</p>

<p>At our hospital, we started collection of peripheral blood stem cells (PBSC) in 1999, and began to examine the CD34 phenotype of the PBSC using the Stem-Kit (Beckman-Coulter) in 2002. We compared the CD34-positive rate between our data on the day of collection or on the following day and those of the inspecting company on the following day. The CD34-positive rate differed slightly depending on the type and clone of the anti-CD34 antibody used. When a class Ⅲ antibody of anti-CD34 was used, such as clone 581 or 8G12 as in this study, the correlation coefficient of the CD34- positive rate between our hospital and the inspecting company was r=0.996, posing no problems. Furthermore, there was also no influence of either the flow cytometric equipment used or of examination on the day after the harvest.</p>

収録刊行物

  • Cytometry research : 日本サイトメトリー学会機関誌

    Cytometry research : 日本サイトメトリー学会機関誌 22(1), 7-11, 2012-03-25

    日本サイトメトリー学会

参考文献:  4件中 1-4件 を表示

キーワード

各種コード

ページトップへ