病原真菌におけるカルシニューリン情報伝達経路の解明と新たな真菌症治療戦略への応用 Elucidation of the calcineurin signaling pathway in pathogenic fungi to develop a novel antifungal strategy

この論文をさがす

著者

    • 宮崎 泰可 MIYAZAKI Taiga
    • 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科感染免疫学講座(第二内科) Department of Molecular Microbiology and Immunology, Nagasaki University School of Medicine
    • 河野 茂 KOHNO Shigeru
    • 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科感染免疫学講座(第二内科) Department of Molecular Microbiology and Immunology, Nagasaki University School of Medicine

収録刊行物

  • 日本化学療法学会雜誌 = Japanese journal of chemotherapy

    日本化学療法学会雜誌 = Japanese journal of chemotherapy 59(6), 573-579, 2011-11-10

参考文献:  35件中 1-35件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030226757
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10472127
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    13407007
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ