行動観察における観察頻度の決め方 (第2報) : 低出現率を示す観察対象事象は, どの程度, 観察頻度を少なくすることができるのか Determination of observation frequency in behavior observation (Second report) : The extent to which observation frequency can be lowered for events with low occurrence rates

この論文をさがす

著者

    • 久野 真矢 HISANO Shinya
    • 九州栄養福祉大学リハビリテーション学部作業療法学科 Department of Occupational Therapy, Faculty of Rehabilitation, Kyushu Nutrition Welfare University

収録刊行物

  • 作業療法 = The Journal of Japanese Occupational Therapy Association

    作業療法 = The Journal of Japanese Occupational Therapy Association 30(6), 727-734, 2011-12-15

    日本作業療法士協会

参考文献:  18件中 1-18件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030279451
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10076899
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02894920
  • NDL 記事登録ID
    023449265
  • NDL 請求記号
    Z19-1497
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL 
ページトップへ