重度広汎型慢性歯周炎患者の20年経過症例 A case report of a patient with severe generalized chronic periodontitis followed up for 20 years

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

重度広汎型慢性歯周炎患者に対し, 全顎的な歯周基本治療と補綴治療で対応し, 非外科的歯周治療で安定したメインテナンスを20年間継続している症例を報告する。<BR>本症例を通して, スケーリング・ルートプレーニング施行により獲得された上皮性付着は, 長期にわたって安定できることを確認した。<BR>日本歯周病学会会誌(日歯周誌)53(4) : 254-262, 2011

Successful maintenance with non-surgical periodontal treatment, including initial preparation and prosthetic treatment, for 20 years in a patient diagnosed as a case of severe generalized chronic periodontitis is reported.<BR>The clinical course of this patient suggests that the long junctional epithelium improves with scaling and that root planing could remain stable for a long period of time.<BR>Nihon Shishubyo Gakkai Kaishi (J Jpn Soc Periodontol) 53(4) : 254-262, 2011.

収録刊行物

  • 日本歯周病学会会誌

    日本歯周病学会会誌 53(4), 254-262, 2011-12-28

    JAPANESE SOCIETY OF PERIODONTOLOGY

参考文献:  13件中 1-13件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030283478
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0019129X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    03850110
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ