慢性中耳炎に対する鼓室形成術の術後成績の検討 Clinical Study of Tympanoplasty for Chronic Otitis Media in Our Department

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

平成17年4月から平成22年3月までの5年間に大阪労災病院耳鼻咽喉科にて鼓室形成術を施行した慢性中耳炎症例について術後成績を検討した。対象症例は122例137耳であった。全体の聴力改善率は82.5%(113耳/137耳)、穿孔閉鎖率は97.1%(133耳/137耳)であった。鼓膜穿孔の大きさで対象症例を分類するとGrade I(鼓膜穿孔の大きさが緊張部の25%以内)は7耳、Grade II(同50%以内)は31耳、Grade III(同75%以内)55耳、Grade IV(同75%以上)44耳で、それぞれの聴力改善率/穿孔閉鎖率はGrade Iが100.0%/100.0%、Grade IIが87.1%/100.0%、Grade IIIが80.0%/94.5%、Grade IVが79.5%/97.7%で、聴力改善率、穿孔閉鎖率ともに穿孔の大きさによって有意差は見られなかった(χ<SUP>2</SUP>検定)。聴力不改善例は24耳で、うち12耳は肉芽や固着などによる耳小骨連鎖の可動性不良が聴力不改善の原因と考えられた。<br>穿孔閉鎖率は良好な成績であったと考えるが、聴力改善率は改善の余地があると考えられ、今までは最小限のみとしていた耳小骨連鎖への操作が今後の課題と考えられた。

We studied 137 ears with chronic otitis media (COM) underwent tympanoplasty at Osaka Rosai Hospital from April 2005 to March 2010. The patients' mean age was 56.2 years, with a range of 7-79 years. Classification of the perforation size showed grade I (25% perforation of TM) in 7 ears (5.1%), grade II (50% perforation of TM) in 31 ears (22.6%), grade III (75% perforation of TM) in 55 ears (40.1%) and grade IV (total perforation of TM) in 44 ears (32.1%).<br>The overall postoperative closure rate of the perforation was 97.1% and the hearing improvement rate was 82.5%. There was no significant difference among grade I-IV groups in both closure rate and hearing improvement rate.

収録刊行物

  • Otology Japan

    Otology Japan 21(3), 203-206, 2011-07-25

    日本耳科学会

参考文献:  12件中 1-12件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030285028
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10358085
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09172025
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ