中頭蓋窩病変へのアプローチ Approach for Middle Cranial Fossa Lesions

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 村上 信五 MURAKAMI Shingo
    • 名古屋市立大学耳鼻咽喉・頭頸部外科学教室 Department of Otolaryngology Head & Neck Surgery Nagoya City University Medical School

抄録

経中頭蓋窩法は1961年にWilliam Houseが聴神経腫瘍に対して、聴力保存を目的に考案したアプローチで、錐体骨上面から蝸牛や半規管を破壊せず内耳道を開放して腫瘍を摘出する方法である。本アプローチは聴神経腫瘍以外に錐体部の真珠腫やコレステリン嚢胞、顔面神経膝部から発生する神経鞘腫や血管腫、上半規管裂隙症候群の裂隙閉鎖、Bell麻痺やRamsay Hunt症候群、外傷性顔面神経麻痺に対する減荷術などに適応される。側頭骨手術において聴力や前庭、顔面神経の機能保存手術は耳科医にとって究極の課題であると同時に、近年MRIや高分解能CTの普及により小聴神経腫瘍や錐体部真珠腫、上半規管裂隙症候群が容易に発見されるようになり、聴力や前庭機能を保存できる本術式の適応は拡大する傾向にある。中頭蓋窩法の最大のメリットを活かすと同時に聴覚や顔面神経の術中神経モニタリング、ナビゲーションなどの手術支援機器を用いて究極の課題である聴力や前庭、顔面神経の機能保存をめざした手術が望まれる。

The middle cranial fossa approach (MCF) was introduced by William House in 1961 to expose and manage the temporal bone including CP angle lesions via middle cranial base without destroying the inner ear. Surgical approach of MCF is generally employed for patients with small acoustic neuroma having good hearing, petrous cholesteatoma, cholesterol cyst, superior semicircular canal deficiency syndrome, facial nerve tumor, severe facial nerve paralysis caused by Bell's palsy, Ramsay Hunt syndrome or temporal bone trauma. With development of images such as MRI, small lesions in the temporal bone are detectable easily before losing useful inner ear function. We otologists should do our best to preserve useful inner ear function. For that intraoperative monitoring and navigation systems may be powerful tools for surgeons.

収録刊行物

  • Otology Japan

    Otology Japan 21(3), 251-255, 2011-07-25

    日本耳科学会

参考文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030285155
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10358085
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09172025
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ