当科での先天性耳小骨奇形の術後成績について Surgical treatment for auditory ossicle malformations

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

最近10年間に兵庫医科大学耳鼻咽喉科で手術を行った耳小骨奇形症例の38症例41耳について検討した。男性13例、女性25例で手術時の年齢は4歳から48歳 (平均20歳) であった。船坂の分類では1群が最も多く20例で、2群が10例、3群が6例であった。術前ティンパノメトリは離断症例でA型が最も多く、固着症例ではC型が最も多くみられた。耳小骨筋反射は反対側刺激で離断症例のうち9例 (82%)で反応がみられるのに対して、固着症例は反応がみられなかった。伝音再建法はIII型変法が最も多く20例 (49%) で、ついでIV型変法の7例 (17%)、アブミ骨手術が6例 (16%)、I型が4例 (10%) であった。<br>2010年の耳科学会判定基準による術後聴力成績は全体では28例中23例 (82%) の改善率であった。聴力成績は全体で82%となり、特にI型やアブミ骨手術の成績に関して今後の課題と考えられた。

We evaluated 38 patients (41ears) with auditory ossicle malformations without deformities of the external auditory meatus at our department between 2000 and 2009. There were 13 males and 25 females, and their mean age was 20 years. Classification of the pathologic condition based on surgical findings showed separation of incudostapedial joint in 20 cases, fixation of the malleus or incus in 10 cases, and fixation of the stapes footplate in 6 cases.<br>Auditory ossicular reconstruction was performed by type I in 4 cases (10%), modified type III in 20 cases (49%), modified type IV in 7 cases (17%) and stapes surgery in 6 cases (16%). Postoperative hearing success rate was 82% according to the criteria of the Japan Otology Society in 2010.<br>Improvement in hearing after surgery was relatively high compared with tympanoplasty for inflammatory disease. However, improvement in hearing after type I or stapes surgery was not satisfactory.

収録刊行物

  • Otology Japan

    Otology Japan 21(5), 795-799, 2011-12-26

    日本耳科学会

参考文献:  16件中 1-16件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030285270
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10358085
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09172025
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ