カード型嗅覚同定能検査と基準嗅力検査および静脈性嗅覚検査の比較検討 Comparison of Open Essence Scent Identification Test Card and Conventional Olfaction Tests

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 森 恵莉 MORI Eri
    • 東京慈恵会医科大学附属病院 耳鼻咽喉科教室 Department of Otorhinolaryngology, The Jikei University School of Medicine
    • 山崎 ももこ YAMAZAKI Momoko
    • 東京慈恵会医科大学附属病院 耳鼻咽喉科教室 Department of Otorhinolaryngology, The Jikei University School of Medicine
    • 大櫛 哲史 OKUSHI Tetsushi
    • 東京慈恵会医科大学附属病院 耳鼻咽喉科教室 Department of Otorhinolaryngology, The Jikei University School of Medicine
    • 森山 寛 MORIYAMA Hiroshi
    • 東京慈恵会医科大学附属病院 耳鼻咽喉科教室 Department of Otorhinolaryngology, The Jikei University School of Medicine

抄録

現在日本で保険適応のある嗅覚検査には, 基準嗅力検査と静脈性嗅覚検査の二種あるが, 基準嗅力検査は実施率, 普及率ともに低く, 静脈性嗅覚検査は疼痛を伴う検査であり患者への侵襲が高い. 嗅覚同定能検査の一つとして開発されたOpen Essence (以下, OE) は, 現在医療保険の適応はないが, その臨床的有用性が期待されている. 今回われわれは嗅覚障害患者に対するOEと自覚症状, 基準嗅力検査, および静脈性嗅覚検査との比較検討を行った. 当院嗅覚外来患者のうち, 嗅覚の評価が可能であった122例を対象とした. OEスコアと基準嗅力検査, 静脈性嗅覚検査, また嗅覚障害に対する自覚症状としてのVisual Analog Scale (VAS) と日常のにおいアンケートとの間にはそれぞれ有意な相関を認めた. また静脈性嗅覚検査において嗅覚脱失を認めた群はOEの正答率が有意に低かった. OEは従来からの検査法である基準嗅力検査と静脈性嗅覚検査および自覚症状をよく反映するため, 一般臨床において広く利用可能な嗅力検査であると考える. なお, OEに含まれるメンソールは詐病を見破れるものとして必要と考えるが, 嗅力を判定する際にはこれを除いて検討する方が良いかもしれない.

Japan's medical insurance covers only the intravenous olfaction test, which is invasive and painful, and the T&T olfactometry recognition threshold test, which is not commonly used. The alternative open essence (OE) test recently developed and has shown clinical utility. Using a cross-over technique, we compared the OE test to other olfaction tests, administering it to 122 Japanese subjects diagnosed with olfactory dysfunction. Subjects scored olfactory function using the visual analog scale (VAS) and the Japan Rhinologic Society Self-Administered Odor Questionnaire (SAOQ). They also took the Japanese standard olfactory test (T&T olfactometry) and intravenous olfactometry (Alinamin test). Statistically significant correlations were seen among scores, the OE, SAOQ, VAS, T&T olfactometry recognition threshold, and Alinamin test, further indicating the OE test's clinical olfactory function evaluation. Menthol should, however, be eliminated from the OE formulation lineup due to its strong carry-over effect.

収録刊行物

  • 日本耳鼻咽喉科學會會報

    日本耳鼻咽喉科學會會報 114(12), 917-923, 2011-12-20

    一般社団法人 日本耳鼻咽喉科学会

参考文献:  20件中 1-20件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030285682
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00191551
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00306622
  • NDL 記事登録ID
    023403756
  • NDL 請求記号
    Z19-250
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ