手術用顕微鏡下に行うコブレーション口蓋扁桃摘出術 Coblation Tonsillectomy under Surgical Microscopy

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 藤原 啓次 FUJIHARA Keiji
    • 和歌山県立医科大学 耳鼻咽喉科・頭頸部外科 Department of Otorhinolaryngology, Head and Neck Surgery, Wakayama Medical University
    • 河野 正充 KOHNO Masamitu
    • 和歌山県立医科大学 耳鼻咽喉科・頭頸部外科 Department of Otorhinolaryngology, Head and Neck Surgery, Wakayama Medical University
    • 小上 真史 [他] OGAMI Masashi
    • 和歌山県立医科大学 耳鼻咽喉科・頭頸部外科 Department of Otorhinolaryngology, Head and Neck Surgery, Wakayama Medical University
    • 林 正樹 HAYASHI Masaki
    • 和歌山県立医科大学 耳鼻咽喉科・頭頸部外科 Department of Otorhinolaryngology, Head and Neck Surgery, Wakayama Medical University
    • 戸川 彰久 TOGAWA Akihisa
    • 和歌山県立医科大学 耳鼻咽喉科・頭頸部外科 Department of Otorhinolaryngology, Head and Neck Surgery, Wakayama Medical University
    • 田村 真司 TAMURA Shinji
    • 和歌山県立医科大学 耳鼻咽喉科・頭頸部外科 Department of Otorhinolaryngology, Head and Neck Surgery, Wakayama Medical University
    • 山中 昇 YAMANAKA Noboru
    • 和歌山県立医科大学 耳鼻咽喉科・頭頸部外科 Department of Otorhinolaryngology, Head and Neck Surgery, Wakayama Medical University

抄録

口蓋扁桃摘出術 (扁摘) の症例数は減少傾向にある. 従来の扁摘では止血操作が煩雑で, 術後出血のリスクがある割には手術点数が低いことが原因の一つと考えられる. コブレーションを用いた扁摘 (コ扁摘) は術中出血量が少なく, 手術時間の短縮, 術後疼痛の軽減という利点がある. 特に術後疼痛に関して, コ扁摘では約40%の例で術後疼痛をほとんど訴えなかった. コ扁摘においても術後に少量の出血を認めることがあるが, 経験症例数とともに改善される.<br>コ扁摘はその方法を正しく理解することにより, 出血の非常に少ない, 患者にとって痛みが非常に少ない優れた手術法と考えられる.

Numbers of tonsillectomies may be decreasing in Japan due to troublesome bleeding involved in managing in a small viewing field and relatively low national health insurance point for tonsillectomy. We found coblation tonsillectomy to have advantages of less bleeding, shorter operating time, and less postoprerative pain than conventional tonsillectomy. We found that 40% of those on whom a coblator was used reported no postoperative throat pain, and noted a quick learning curve in decreasing postoperative bleeding in coblation tonsillectomy.

収録刊行物

  • 日本耳鼻咽喉科學會會報

    日本耳鼻咽喉科學會會報 114(12), 924-927, 2011-12-20

    一般社団法人 日本耳鼻咽喉科学会

参考文献:  9件中 1-9件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030285703
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00191551
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00306622
  • NDL 記事登録ID
    023403847
  • NDL 請求記号
    Z19-250
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ