内視鏡下鼻内手術における術中副損傷および術後合併症の検討 Endoscopic Sinus Surgery Complications a Prospective Multicenter Study

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 重田 泰史 SHIGETA Yasushi
    • 東京慈恵会医科大学 附属第三病院耳鼻咽喉科 Department of Otorhinolaryngology, Jikei University Daisan Hospital
    • 大櫛 哲史 OKUSHI Tetsushi
    • 東京慈恵会医科大学 耳鼻咽喉科学教室 Department of Otorhinolaryngology, Jikei University School of Medicine
    • 飯田 誠 IIDA Makoto
    • 東京慈恵会医科大学 附属青戸病院耳鼻咽喉科 Department of Otorhinolaryngology, Jikei University Aoto Hospital
    • 浅香 大也 ASAKA Daiya
    • 東京慈恵会医科大学 耳鼻咽喉科学教室 Department of Otorhinolaryngology, Jikei University School of Medicine
    • 濱 孝憲 HAMA Takanori
    • 東京慈恵会医科大学 耳鼻咽喉科学教室 Department of Otorhinolaryngology, Jikei University School of Medicine
    • 森 恵莉 MORI Eri
    • 聖路加国際病院耳鼻咽喉科 Department of Otorhinolaryngology, St. Luke's International Hospital
    • 小島 純也 KOJIMA Junya
    • 東京慈恵会医科大学 附属第三病院耳鼻咽喉科 Department of Otorhinolaryngology, Jikei University Daisan Hospital
    • 吉田 拓人 YOSHIDA Takuto
    • 東京慈恵会医科大学 附属青戸病院耳鼻咽喉科 Department of Otorhinolaryngology, Jikei University Aoto Hospital
    • 和田 弘太 WADA Kota
    • 東京厚生年金病院 耳鼻咽喉科 Department of Otorhinolaryngology, Tokyo Kouseinenkin Hospital
    • 柳 清 YANAGI Kiyoshi
    • 聖路加国際病院耳鼻咽喉科 Department of Otorhinolaryngology, St. Luke's International Hospital
    • 森山 寛 MORIYAMA Hiroshi
    • 東京慈恵会医科大学 耳鼻咽喉科学教室 Department of Otorhinolaryngology, Jikei University School of Medicine
    • 鴻 信義 OTORI Nobuyoshi
    • 東京慈恵会医科大学 耳鼻咽喉科学教室 Department of Otorhinolaryngology, Jikei University School of Medicine

抄録

副鼻腔は頭蓋や眼窩などと隣接していること, また解剖学的に複雑でバリエーションも多いことなどより, 視器損傷や髄液鼻漏など, 重篤な術中副損傷の発生が少なからず存在する. 今回われわれは鼻副鼻腔炎症性疾患および嚢胞性疾患に対する内視鏡下鼻内手術において, 多施設における術中副損傷および術後合併症の発生頻度とそれらに関わる因子について検討したので報告する. 対象は2007年4月1日から2008年3月31日までの1年間に東京慈恵会医科大学附属病院および教室関連病院 (計16施設) において内視鏡下鼻内手術を施行した1,382例である. 術中副損傷あるいは術後合併症を起こした症例が80症例 (5.8%) あり, 過去の報告と同様に眼窩内側壁損傷の頻度が一番高かった. 副損傷/合併症群と非副損傷/合併症群とを比較すると性別, 麻酔方法, 糖尿病の既往の有無で有意差を認めた. また, 多重ロジスティック回帰分析では, 患者が男性であること (<I>p</I>=0.003, オッズ比 2.50, 95%信頼区間 1.35-4.55), 全身麻酔下での手術 (<I>p</I>=0.014, オッズ比 3.21, 95%信頼区間 1.27-8.12) が副損傷/合併症に関わる因子であった.

Objective: Our objective was to determine the rate of complications in endoscopic sinus surgery (ESS) and associated risk factors.<br>Methods: We prospectively studied 1,382 subjects undergoing ESS for rhinosinusitis and cystic sinus disease at 16 hospitals during 2007 and 2008. Surgeons provided information on peri-and postoperative complication occurrence.<br> Result: Results of complications were seen in 80 subjects (5.8%), the most frequent was perioperative lamina papyracea injury. Analysis showed the complication rate to be linked to gender, and anesthesia type, but not the grade of surgeon.<br>Conclusions: While care should be taken to avoid them, complications should be identified and treated in a timely and accurate manner.

収録刊行物

  • 日本耳鼻咽喉科學會會報

    日本耳鼻咽喉科學會會報 115(1), 22-28, 2012-01-20

    一般社団法人 日本耳鼻咽喉科学会

参考文献:  22件中 1-22件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030285771
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00191551
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00306622
  • NDL 記事登録ID
    023495214
  • NDL 請求記号
    Z19-250
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ