深頸部感染症の対処法

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 菊地 茂
    • 埼玉医科大学総合医療センター 耳鼻咽喉科

抄録

深頸部感染症は口蓋扁桃, 歯牙, 唾液腺などに生じた感染が頸部の間隙に波及することによって生じる感染症である. 抗菌薬が発達した現在では深頸部感染症は減少傾向にあるものの, 気道狭窄, 縦隔炎, 敗血症, 壊死性筋膜炎などの重篤な合併症を来しやすいため, 適切な対応を行わないと致死的な状況に陥る可能性がある. したがって, 深頸部感染症に対しては症例ごとに正確に病態を把握し, 切開・排膿, デブリードマン, 気管切開術などの外科的治療のタイミングを逸しないことが重要である.

収録刊行物

  • 日本耳鼻咽喉科學會會報

    日本耳鼻咽喉科學會會報 115(2), 85-90, 2012-02-20

    一般社団法人 日本耳鼻咽喉科学会

参考文献:  14件中 1-14件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030285926
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00191551
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00306622
  • NDL 記事登録ID
    023542495
  • NDL 請求記号
    Z19-250
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ