上顎洞性後鼻孔ポリープの臨床的検討 Evaluation of Clinical Features of Antrochoanal Polyps

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

上顎洞性後鼻孔ポリープは上顎洞粘膜の慢性炎症を成因とし, 自然口または副口を介して後鼻孔まで伸展したポリープである. 今回われわれは上顎洞性後鼻孔ポリープの臨床的特徴を検討して報告する. 対象期間は2007年4月から2008年3月まで, 東京慈恵会医科大学およびその関連施設計5施設において内視鏡下鼻内手術を施行した慢性副鼻腔炎患者728例のうち, 上顎洞性後鼻孔ポリープと診断された症例15例 (2.1%) を対象として自覚症状, ポリープの基部, 再発率を検討した. 自覚症状としては鼻閉が最も多く, 鼻汁, 後鼻漏が次いで多かった. ポリープ基部は上顎洞底部から後壁が6例と最も多く, 上顎洞底部が4例であった. ポリープの再発を認めた症例は2例であり, いずれも上顎洞底部に存在するポリープの基部が前方に及んでいる症例であった. 術中にポリープの基部を注意深く観察して可能な限り摘出し, 適切な術後治療を行えば再発の制御が可能と考えられた.

Current knowledge on the prevalence and clinical features of antrochoanal polyps (ACPs), benign lesions arising in the maxillary sinus and extending into the choana, is very limited in Japan. We prospectively evaluated prevalence and clinical features in 15 subjects with ACPs from among 728 undergoing endoscopic endonasal sinus surgery between April 2007 and March 2008, and prospectively enrolled in this study. The 15 subjects, who accounted for 2.1% of the total, had nasal obstruction, rhinorrhea, and postnasal drip. Symptoms significantly reduced postoperatively. Maxillary-sinus-origin ACP distribution was 40% from the maxillary sinus floor to the posterior wall, 26.7% from maxillary sinus floor, and 20% from the maxillary sinus floor to the internal wall. Postoperative recurrence was 13.3%. Endoscopic endonasal sinus surgery for ACPs was most effective for polyp is originating in the maxillary sinus determined carefully and excised as completely as possible, followed by appropriate postoperative treatment.

収録刊行物

  • 日本耳鼻咽喉科學會會報

    日本耳鼻咽喉科學會會報 115(2), 101-107, 2012-02-20

    一般社団法人 日本耳鼻咽喉科学会

参考文献:  22件中 1-22件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10030285969
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00191551
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00306622
  • NDL 記事登録ID
    023542573
  • NDL 請求記号
    Z19-250
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ